精子提供ボランティアと精子バンク

日本では精子バンクと言えるものがありません。かつて1996年頃には一度精子バンクが開設されたようですが、日本の医療では精子の売買については積極的ではなくむしろ否定的なため精子バンクは普及しませんでした。海外では精子バンクは数多くあり、著名人なども利用して子どもを授かると言います。

最近では世界的に有名なクリオスインターナショナルという精子バンクが日本に上陸しました。世界的にも実績や経験もある精子バンクが日本に上陸したことはとても大きなことです。これまで仕事でキャリア優先してきた女性が出産適齢期になり精子バンクを利用することも多くなったようです。また男性不妊である無精子症の場合においてもこういった精子バンクの利用があると言います。また最近だとLGBTという性的少数者、セクシャルマイノリティさんたちも精子バンクの利用すると言われています。

こうした精子バンクからの精子提供では利便性の理由と感染症を防ぐ理由から凍結された精子が使われると言われています。一般的には凍結された精子は運動率が悪くなりなかなか妊娠しないということが起きています。そのため女性の卵巣から卵子を取り出して精子と授精させる体外受精や精子を卵子に人工的に注入する顕微授精が主に行われます。確かに妊娠することはできても日本では体外受精や顕微授精は50万~する高額な施術費用がかかり、精子バンクの復旧は難しいのではないかと言う声も上がっています。